台東区の不思議な業務用エアコン

台東区の薬局様の業務用エアコンクリーニングの現場紹介です。

ここの現場様は、色々と不思議な現場でした。

全部で7台ありましたが、どうしてもブレーカーが見つからないエアコンが2台ありました。まあこれくらいは本当は不思議ではないのですが、屋上の動力の1Fと2Fのエアコンを落とすと、それぞれ、変な感じで電源が落ちます。古いビルなので、多分配線がかなり無茶苦茶な取り方になっているのだと思います。

今回、何と言ってもすごかったのがこれです。

1階にはこのエアコンがありました。

新型の正方形2台と20年前のFHYCJが1台です。

画像の説明

画像の説明

そして、、こちらがそのリモコンです。

画像の説明

誰だって普通に考えて、左の2台が新型のラウンドフロー、右のリモコンがFHYCJだと思うと思います。当然です。

しかし、実際は、右からのリモコン2台がそれぞれ、新型ラウンドフロー用、左のリモコンがFHYCJでした。

これはですね〜、内装工事の段階で、一度外したリモコンの配線を入れるときに、思わず、エアコンの設置場所とリモコンを同じ順番にしたからだと思います。

こんなこともあるのですね。

しかしこれで一つ勉強になりました。

ともかく、ダイキン製であればリモコンは基本的になんでも接続すればそれなりに動く、ということです。

普通に動いていましたから。ただ、省エネとかそいいう部分はきっと機能しないとは思います。

ここの2階の事務所部分もまた不思議な現場で、ダイキンの家庭用1方向も1台あったんのですが、このブレーカーも落ちません。それよりもこのエアコンは、ワイヤレスリモコン仕様でしたが、そのリモコンがありません。

今まで、別のリモコンをつけたら一緒に動いたとのことですが、「それはないでしょ。」と言いました。

実際、全てのリモコンをオンにしても、このエアコンは動きませんでした。

お客様には、

「動かしていないので綺麗です。とりあえず大家さんに言って、リモコンを見つけてみてください。」と言って帰ってきました。

中国人の会社でしたので、わからない部分ももしかしたら多かったのかもしれません。でも、みんないい人でした。

作業中に社長様より、怪しげな滋養強壮ドリンクをもらいました。味はリポビタンDと同じ感じでしたが、タイガーなんとかと書いてあったような。。。

作業は27年前のエアコンもありましたが、不具合なく終了しました。

ありがとうございました。

業務用エアコンクリーニングは、ぜひ、アスターへお任せください!

コメント


認証コード4628

コメントは管理者の承認後に表示されます。