東芝 AIU-J716HG ドレンエラーの業務用エアコンクリーニング

東芝の業務用エアコンクリーニングの現場紹介です。

こちらは、今年の夏、ドレンエラーで何度か止まってしまっていたというエアコンでした。

東芝のAIU-J716HGという機種になります。

AIUJ716HG

分解完了

こちらがエラーの出たエアコンです。そんなに汚れていないなという印象でしたが、ドレンポンプを見て納得しました。

ドレンポンプの状態

東芝のこの機種は、ドレンポンプの先の部分に正方形の受けのようなものが付いています。ここに汚れが溜まっていました。なんか気持ち悪いですね〜。

これでは、ポンプが詰まってしまって、エラーが出たのも無理はないかもしれませんね。

まず、このエアコンは20年前のものです。ドレンパンが2本の板で止まっているタイプです。このタイプは、もう5年以上作業したことはありませんでした。

ちょうど修理した後だったとのことで、東芝に問い合わせたところ、まだ修理可能な機種だということで、作業を受けることにしました。

配線自体はとても簡単なエアコンです。電源とリモコンの配線が一本のものは基盤ごと取り外し、そうでないものは、基盤につけたまま取り外しました。

写真の場合は、電源の配線が非常に長かったので、机の上にそのまま持って行きました。あまり、天井裏に持っていくのは得意ではないので、こちらの方法にしました。

3台マルチと2台マルチがありましたが、修理可能と聞いていたので、20年前のエアコンでしたが、案外気楽に作業できました。

お客様も、壊れたら壊れたで、買い替えを考えます。とおっしゃっていただきましたので、プレッシャーはありませんでした。

作業後は不具合なくきちんと作動しました。よかったです。

部品があるので、まだまだ現役で頑張ってもらえると嬉しいですね。あと5年くらいは大丈夫ではないかと思います。

業務用エアコンクリーニング、東芝はぜひ、アスターへお任せください!

コメント


認証コード4216

コメントは管理者の承認後に表示されます。