葛飾区のデイサービスセンター様の業務用エアコンクリーニング

デイサービス様の業務用エアコンクリーニングの現場紹介です。

コロナのこともありマスクをしながらの作業ですが、マスクをするとやはり暑いですね。

早く収まって欲しいものです。

三菱電機の正方形タイプでしたが、デイサービス様はほとんどが2台〜4台の現場様が多く、またリスク回避のためにパッケージエアコンの現場様が多いのですが、こちらはマルチエアコンでした。

フィルターの状態

室内機の汚れ

熱交換器の汚れ

ドレンパン洗浄前

ドレンパン洗浄後

一つ前のタイプになるのでしょうか?そんなに古くはないとは思います。10年〜15年くらいでしょうか。

それでもリモコン1台で2台制御ですので、この現場は本当に怖かったです。万が一にもエラーがでたらと思い、こちらの現場は2台でしたが、1台終了で一度試運転をして、正常に動くのを確認してもう一台の作業をしました。

デイサービスのお客様をお送りした後の17時からの作業です。都内近郊にかなりの数の営業所があるデイサービス様で、1台でも何か不具合が出たらと思いながら、慎重に作業しました。

このエアコンは汚れていました。フィルターも完全に目詰まりしていて、風もほとんど出ない状態でした。

また、お話をお伺いすると、よくエアコンの調子が悪くなるとの事。そう言う時は何度かリモコンを消したり入れたりしているうちに直るのですとの事。

怖いな〜。

開けてみると、ドレンポンプとフロート部分にゴミが付着していて、これでドレンのエラーが出たり出なかったりしたのではないかと思いました。

まだまだ寒い日もあり、万が一にも不具合が出たら、明日の営業に差し控えると思うと、本当に緊張しました。

作業員の中には、全く怖さを感じない人もいます。事実、部品のないエアコンでも作業して、不具合の報告もありません。すごいなあと思います。

過去、作業1日前にキャンセルをいただいたことが2度あります。理由を聞いたら、故障したので清掃は要らなくなったとの事。これがもし、作業の日が2日前だったとしたら、お客様はクリーニングが原因で故障したとしか思わないと思います。そんなに古くないエアコンなので、尚更機械というのはいつ何が起こるかわからないなという思いが強いです。

今回も不具合なく作業は終了しました。

こちらの現場は2台で、ほぼ2時間で終了しました。三菱の一つ前のタイプは、非常に分解自体は簡単な機種です。ただ、過去にやったことがあるのかどうか分かりませんが、パネルがづれていました。

通常はルーパーの線が基盤の右側に来るのですが、この2大共、基盤のところからルーパーの線が来ていました。別にどうということはないのですが、そのまま同じ方向で戻しておきました。

電源は黄色、オレンジ、茶色の基盤側の配線を外して作業しました。

電源の配線

こちらが1台目の電源の配線で、1本なので、配線を外したのですが、見て分かる通り、黒の配線だけが、不自然です。最初わからなかったのですが、土台が完全に壊れていて無理に入れたような感じです。知らないで外したので、これをきちんと設置するのに、少し時間がかかりました、基盤側から外せばよかったと後悔しました。

この電源部分にプラスチックの部品がありません。2台ともありませんでした。もしかしたらかこに1度洗浄しているのかもしれません。これと、電源部分の金属カバーはよく入れ忘れることが昔はありました。

パネルを付けてから気付くので、二度手間になります。ドレンポンプの配線のカバーもないことがよくあります。昔は何度かやった覚えが私にもあります。笑

このエアコンは久しぶりに本当の意味で作業した方がいいエアコンでした。

業務用エアコンクリーニングはぜひ、アスターへお任せ下さい!

コメント


認証コード0137

コメントは管理者の承認後に表示されます。