神宮前オフィス様の業務用エアコンクリーニング

原宿の近くのオフィス様の業務用エアコン清掃の現場紹介です。

この辺りは、美観のため3階建て以上はダメな土地なのかもしれません。高いビルがありません。

お伺いしたビルも3階建て、オシャレなビルでした。この辺りのビルはどれも本当にオシャレです。

現場は2階でエレベーターはありませんでした。でも事前に聞いていましたので、覚悟ができていましたので大丈夫でした。

東芝天カセエアコン

分解完了

分解完了です。いつも思うけど、東芝のエアコンはビスが多いです。

洗浄準備完了

部品洗い

今回はベランダもなし、1階でも洗えないと事前に聞いていたので、部品洗いの養生セットを持って行きました。これは本当に優れもんです。もう少し背が高い方が、汚水が流れやすいと思います。鉄の足の部分をもう少しだけ高くしてください。普通のバケツを下に置いたのでは、なかなか汚水が流れません。製造者様、よろしくお願いいたします。

ドレンポンプの確認

天カセのエアコンは、組み立ての時、必ずドレンポンプの接続部分の確認をこのように写真にとります。ダイキンの時はインシロックですので、その切断部分を取っておくか、やはり写真にとるかどちらかにしています。

なぜか?

これ、忘れてしまうんです。笑

取り付けるのを忘れるのではなく、取り付けたかどうかを忘れてしまうのです。東芝の場合はなんとか、横の空間から実際は確認できますが、写真にとれば間違いありません。

過去、なんども分解をやり直し、確認しました。取り付けていなかったことはまずありません。家の鍵みたいなもので、「あれ、鍵かけたっけ?」って思っても、ほとんどかけているというのに似ています。

ともかく、確認が大事ですね。

作業後は不具合もなく終了しました。

駐車場に戻ると、最大2000円で4時間までとなっていて、まだ時間に余裕があったので、お昼を原宿で食べることにしました。なんとオシャレなことか!原宿で食事するなど数十年ぶりかも。

まず竹下通りを探索、ここも久しぶり。あまりの人の多さにすぐに撤退し、そういえば駐車場の横に広島風お好み焼きのお店があったと思い出してそこに行きました。

写真にはとりませんでしたが、ここのお好み焼きはへらで押さえつけず、広島風お好み焼きがタワーのように高くなって出てきました。ちょっと違和感もありましたが、なんとカウンターの鉄板でそのまま食べさせてれくるみたい。まあ広島の人間からすれば、「そんなん当たり前じゃけん。」となるのですが、なかなか東京で「鉄板で食わせてくれ」とお願いしても良い顔をされないことが多く、お店に言っても「鉄板で食わしてくれ」とこちらからは言わなくなっていました。

しかし、この店は「鉄板で食べてみましょう!」とわざわざメニューに書いてありました。これはよかった。やはり広島風お好み焼きは鉄板でへらを使って食べなければ意味がありません。美味しくいただきました。食べログに写真があったので、載せておきます。こういうへらで押さえつけないお好み焼きは初めてでした。しかし、これをへらでこぼさずに食べられる私は、さすがに心の中で「広島の人間を舐めちゃいけんよ〜。」と自画自賛しました。笑

広島風お好み焼き

業務用エアコンクリーニングはぜひ、アスターへお任せ下さい!

コメント


認証コード1718

コメントは管理者の承認後に表示されます。